沖縄 慶良間諸島慶留間島留学制度

お問い合わせ

ブログ

嬬恋交流in座間味 ルンルン

2019.8.10

8月2日〜4日の間に群馬県の嬬恋村というところから座間味に交流団としてやってきました。

 

最初は緊張していてなかなか喋ることができなかったけれど、レクレーションなどをして交流を深めだんだんと仲良くなることができました。中には私の幼なじみと同姓同名で性格なども似ている人もいて驚くこともありました。また仲良くなるにつれて嬬恋中の皆さんがルンルンと呼んでくれてとっても嬉しかったです。

 

8月2日

この日はまず、雷雨の中、「ようこそ」と書いてある横断幕を持って嬬恋中の皆さんを歓迎しました。その後、座間味中で歓迎式典を行い、それぞれの島の魅力やエイサーを披露したりもしました。(エイサーは座間味中)

夜にはレクレーションをしました。今年度は私たち慶留間中が担当だったのでデモンストレーションをしてみんなにルールを説明して遊びました。やった遊びは「新聞ちぎりゲーム」(制限時間内に一番長く新聞紙を切れたチームの勝ち)と「スリッパ運びゲーム」(スリッパを足でどんどん渡して行って落とさずに1番早く運べたチームの勝ち)をしました。ちなみに私の入っているチームが1位でした。(スリッパ運びは2回やったのですがどっちとも私の所属するチームが一発で運びきりました。)

 

8月3日

この日は、朝ごはんを食べて、海洋学習をおこないました。

 

午前中は座間味島の阿真ビーチにいってシュノーケリングをしました。波はありましたが、タマンやイラブチャーそして、ウミガメを6匹ぐらい見ることができたので良かったです。でもクラゲに刺されてしまいました。痛痒かったです。

昼食はチームごとにバーベキューをしました。チームの子がひとり熱を出してしまったのが残念でしたが、美味しくいただきました。

午後は座間味島のユヒナの浜に行き、シーカヤックをしました。なかなか上手くいかなかったけれど協力して漕ぐことができたので良かったです。持ち方や、漕ぎ方のコツを教えてもらいました。

 

入浴後にはお別れ会をしました。

それぞれお別れの言葉を言いました。

 

8月4日

阿嘉港に行き「また来てね」と書いてある横断幕を持ち、お別れをしました。

 

3日間、とても充実した期間になりました。海がもっと好きになることができたので良かったです。

 

ルンルン

 

募集要項(2020年度)

募集要項

  • 留学地:慶留間島(沖縄県慶良間諸島座間味村)
  • 留学期間:1年間
  • 生活場所:留学制度専用施設
  • 対象:小学校4年生~中学2年生までの児童生徒
  • 募集人数:3~8名程度

詳しくはコチラ

以下の企業様にご協力頂いております。

カワバタハウス

シグナイト

自遊学館

お問い合わせ&資料請求

活動ブログ