沖縄 慶良間諸島慶留間島留学制度

お問い合わせ

ご挨拶

ご挨拶

宮里 豊

眼前に広がるゲルマブルーの海、夜空に輝く満天の星空、聞こえてくる風の音、波の音、そして小鳥たちのさえずり。ゆっくりと進む時間と癒しの空間がここ慶留間島にはあります。島には、天然記念物のケラマジカが生息し、冬には教室からクジラを見ることもできます。
 本校は、今年度で102年目を迎える小中併置校です。全児童生徒数は15名の少人数で、日々の授業は複式形態による個別指導が中心です。また、個を生かす取組として「トリプル3(英語・数学・漢字3検定3級以上の取得)+1(得意なもの)」を推奨しています。
 主な行事には、無人島に出かけ魚釣りや潮干狩りをする「春の遠足」や伝統芸能エイサーで観衆を魅了する「大運動会」、ケラマジカの研究などを披露する「学習発表会」等、年間を通して島ならではの特色ある行事があります。子どもたちは「島の宝」として地域に育まれ、学校行事は島あげて協力してもらっています。
 この度の留学制度により、島には子どもたちが増え、学校や地域が活気づくことを心から望んでいます。そして、親元を離れ1年間の留学をした皆さんが、体験したこと、感じたことはこれからの人生の糧となるものと考えます。私たちと一緒に国立公園で生活してみませんか。一生に一度の経験を…。

座間味村立慶留間小中学校 校長 宮里 豊

永吉 英記

子どもたちに最高の学びの場を提供したいと考えてきました。これからの子どもたちに必要なことは、
 1.自然と人との関係を理解すること。
 2.生活力を身に付けること。
 3.愛情に満ちた望ましい人間関係を築けること。
 4.勉強する目的を持ち、勉強を楽しめること。
以上の4つのことが大切であると私は考えます。慶留間島の美しい海と島の人々、我々スタッフが子どもたちの最高の学びの場を提供します。

[代表] 国士舘大学 准教授 永吉 英記

浅倉 大地

島での生活は私たちに様々な事を教えてくれます。美しいもの、不思議なもの、神秘的なものを見つけ、喜んだり、驚いたりする「感じるこころ」。人とのつながりを大切にする、他人の事を気にかける「思いやりのこころ」。自分の事は自分でする、今やるべき事を考える「自律するこころ」。あげていけばきりがありません。
これらは口で説明するものではなく、実際に経験して、肌で感じとるものだと考えています。
この留学の経験が人生に深く刻み込まれる事を願っています。

[現地代表] 浅倉 大地

募集要項(2018年度)

募集要項

  • 留学地:慶留間島(沖縄県慶良間諸島座間味村)
  • 留学期間:1年間
  • 生活場所:留学制度専用施設
  • 対象:小学校4年生~中学2年生までの児童生徒
  • 募集人数:3~8名程度

詳しくはコチラ

以下の企業様にご協力頂いております。

カワバタハウス

シグナイト

自遊学館

お問い合わせ&資料請求

活動ブログ